• 留学に関する相談・お問い合わせ
  • 広告に関するお問い合わせ
  • 設置先一覧
  • 広島県留学生活躍支援センター
  • wwsチャンネルのバナー
  • wwsチャンネルのバナー

【QtoJAPON】古着

【原宿・下北・高円寺古着を 買うならこのエリアに行こう。】

原宿、下北沢、高円寺。この三者に共通するのは?そう、“古着屋”。都内でも指折りの古着屋密集地帯で、世界中からUSEDアイテムが集められている。
単に古着と言ってもその幅は広く、どうしようもなく安いものから年代物のブランド品、いわゆる“ヴィンテージ”まで種類は様々ある。
昨今ファッション業界ではシンプルを突きつめた、ノームコアブームが終わりを告げ、
その反動からか“タッキースタイル”(悪趣味ギリギリの派手なファッション)が流行はじめている。
プラダやシャネルといったハイブランドも今季のコレクションでは派手な色使いや柄×柄の装いが多くランウェイを飾っていた。
なかでも、古着屋で見るような70年代のワンピースが多くサンプリングされていて、まさに古着ブームと言っても過言ではない。
この機会に日本で古着屋巡りにいってみるのはどうだろう?

 

竹下通りやキャットストリートなど、ご存知日本一のファッションタウン・原宿にはところ狭しと洋服屋があり、古着屋もかなりの数が存在する。
若者が多いだけあって比較的リーズナブルな店が人気で老若男女問わず買い物が楽しめる。
中には着物を売っている店もあり、古着初心者にはオススメの街。

古着の激戦区の中にあっても、「古着店と言えばWEGO!」と言われるくらい若者に人気のショップ。
メンズ・レディスとも、「ミックス・ユーズド」をコンセプトにした古着やオリジナルアイテムを展開しており、
ウエアやバッグ、シューズ、アクセサリーなど、服飾雑貨も豊富にラインナップしている。
巻頭を飾った「XOX」のメンバーにWEGOイチオシアイテムをチョイスしてもらいました!

 

 

【ビンテージを探しに下北沢へ】


原宿からすこし、足を伸ばしてやって来たのは下北沢。原宿エリアよりは狭いが、ここにも多くの古着が眠っている。有名スタイリストなども、足を運ぶ店がおおく、掘り出し物が見つかる可能性も高い。なかでも、HAIGHT & ASHBURYは質の良い古着を取り揃えており、常に今のトレンドを意識した新鮮なアイテムをセレクトしてくれる。男女両方の洋服を扱っているので是非一度行ってみると良い。でも、下北沢で古着と言ったら外せないのが、東洋百貨店。20店舗以上もの古着屋や雑貨屋がひしめき合いまさに下北沢でも名物のスポット。ここは駅からも近いので歩き疲れた帰り際に寄るのもGOOD。ライブスペースなどもあり、下北沢ならではのカルチャーを垣間見ることもできます。

 

【ローカルがたちが集う、 200店舗。】

古着屋の多くがいらなくなった服を安価で買い取ってくれる。
他人とかぶらないところが古着の魅力だが、今では作られていないものや入手困難なデッドストックを見つけたときの嬉しさったらない。
商品が日々入れ替わる中で自分のお気に入りを見つけること自体、運命を感じるが、そんなところも古着の魅力といえるだろう。
編集部が最後にオススメするのは高円寺。
原宿、下北沢と違って下町・ローカル色の強いこの街はいがいにも古着屋の数が一番多い。一日中いても回りきることは到底不可能だろう。
古着はもちろんだが、雑貨店や飲食店など個性あふれるお店がたくさんあるのも魅力で訪れるたびに新たな発見がある。
店の種類も様々で、700円均一の店や一点もののヴィンテージしか取り扱っていない店もあり、どちらかと言うと上級者向けの街。
今度の週末あなたも近くの古着エリアに足を運んでみてはいかがでしょ。意外な発見が待っているかもしれません。

« 【QtoJAPON37】映画キューティーハニー | 【QtoJAPON】夜の東京/近くの一杯 »

Garden特集ページ

ページトップへ