• 留学に関する相談・お問い合わせ
  • 広告に関するお問い合わせ
  • 設置先一覧
  • 広島県留学生活躍支援センター
  • wwsチャンネルのバナー
  • wwsチャンネルのバナー

【QtoJAPON37】matsuri

今年も暑い夏がやってきた。

夕ぐれどき、お囃子の音色を頼りに向かった先は、東京・神楽坂。
今年で45回目を迎える神楽坂まつりは、名物の阿波踊りやほおずき市など、
日本の伝統を感じられるお祭りとなっている。
神楽坂を登りきった先にある、毘沙門天善國寺では島根県の伝統芸能、石見神楽を見ることも出来き、
福を招く神楽“恵比寿”の演目では躍動する舞に多くの歓声が上がった。
 

夏になると赤い風船の様な実をつける、ほおずき。各所でほおずき市なんてのも開かれる。
決して華やかではないが、それだけで風情があって日本人の心をわしづかみにしてしまう。
 

 

釣り好きの神様が鯛をつる様子を舞った演目で、福を招くおめでたいもの。
えさを撒く動きでは実際にアメを投げてました。キャッチできた人には福が来るとか、来ないとか。

 

踊る阿呆に、見る阿呆。おなじ阿呆なら、踊らな損々…

中目黒、三鷹、初台と並んで40年以上の歴史がある、神楽坂の阿波踊り。
ついつい踊りたくなっちゃうのが日本人の性分。4日間続くお祭りの間、阿波踊りが行われるのは後半2日間。
威勢の良いお囃子と共に総勢21連ものグループが、所狭しと練り歩く。
踊り子達の熱気に、見ているこちらまで自然と身体が動きだす。来年の夏は一緒におどってみよう!
 

« 【QtoJAPON37】ダイビング | 【QtoJAPON37】映画キューティーハニー »

Garden特集ページ

ページトップへ